スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島出張 

行ってきました、長年お付き合いしてきた福島の工場。。。
そこは、福島から、阿武隈急行という単線電車に乗って行く小さな町です。

RIMG0147.jpg

途中駅の風景、駅の周りは梨やりんごの畑が一面に広がります。


RIMG0148.jpg

空も川も東京とは全然違うな~。たった1時間半新幹線に乗っただけなのに・・・。
(東京ではこんなに広い面積の空が見えません。(ToT)/~~~)


RIMG0146.jpg

電車のドアは自分で押さないと開きません。
(ロンドンやパリの地下鉄みたい。ハハハ・・・)なんともレトロで可愛いです。


RIMG0149.jpg

工場さんの最寄駅。(ここからさらに車ですが。。。(^_^;))


実はこの工場さん・・・以前にもBlogで話した事がありますが、
10数年来のお付き合いでしたが、この夏、バブル崩壊の時に倒産してしまった会社の不払い分をずっと背負い続けた結果、
どうしてもその分のマイナスが埋まらない・・・という事情でやむなく自主廃業された工場さんです。。。

今も工場はそのままの状態で残っていますが、もう機械の音はありません。。。
工場長は使う予定の無い機械でも、動かさないとだめになるから・・・と時々来ては電気を入れているそうです。

最近は電話連絡も滞っていましたが、ご挨拶も兼ねて今回お邪魔した訳です。(^o^)/

そして、工場長も常務も、いつも行くとお漬物をたくさん出してくれたおばあちゃんも変わりなくお元気でした。
そして今回もまた、たくさんのお漬物と梨で歓迎してくれました。(^o^)/
本当に福島の人たちは暖かいです~~。


かつて、福島や新潟、山形はニット工場がたくさんあるニットの工場地帯でした。
ですが、今は正確な数は分かりませんが、工場の数は半分以下になってしまったと思います。
もちろん工場だけではありません。染工所も下請けさんもどんどんなくなりました。
特にこの10年の倒産、廃業の数はひどいものです。

大きな理由は、中国生産です。
繊維業界に次々と商社が進出し、安価で出来る中国などとのパイプをどんどん作りました。
そして、気が付けば、ニット製品の国内生産自給率はなんと1%以下です。
国内の人件費と発展途上国との工賃差・・・もちろん日本の工場は値段では太刀打ち出来ませんでした。
食べていけない仕事・・・。そして、跡を次いでくれる人材も失いました。

この仕事に先代、先々代から携わってきた人たちは本当に苦しんで来ました。

しかし、皮肉な事に、最近になって、繊維専業商社以外の商社は繊維業界から撤退し始めているそうです。彼らからすると、「繊維業界は儲からない。」のだそうです。


日本の繊維技術は、実は、世界に誇れるほど素晴らしいレベルです。
私はかつてイギリス生産がしたくて現地で工場を探していた時、
イギリスの工場の方は、私の持っていった日本生産のサンプルを見て、その技術の高さに「とても競えない・・・」と言ったのを私は今での良く覚えています。

なのに、日本ではイタリア製だ、フランス製だという商品を買う人たちがたくさんいます。
もちろんいいものもたくさんあり、私たちも長い間ヨーロッパをお手本にして来ました。
ですが、ヨーロッパの事情も変わって来ているのでしょう・・・。
それらに中にもたくさんの中国生産品があることをご存知でしたか?

世界的に有名なブランドも中国の工場で生産しているところを私はいままで何回も見ています。

最近でも、他社の仕事で海外生産も承っていますが、正直、その品質の差は歴然です。そして、近年、中国製品の工賃もかなり上がっています。
それに、輸入品ですから関税や送料などが含まれ、実は日本産とあまり値段の差もなくなっているんですよ。


どうか皆さん、デザインの好き嫌いは仕方がありませんが、どっちを買おうか迷ったら、是非国産のものを買ってくださいね。
そして、声にして言って下さい。なぜ買うのか! 「この商品は国産だから買うんです。」と・・・。
1%以下の自給率を0%にしない為のために。



RIMG0154.jpg


工場さんからはお土産も頂いちゃいました。
おばあちゃんからは庭から摘んできてくれたシソとミョウガ。それに手製の漬物などなど。。。
工場長からも梨を買ってもらっちゃいました。(^o^)/
中に葉付きの梨も入ってました。
写真は、農園の方がおまけにくれた、ひょうたんとお化けカボチャです。
(そうか・・・もうすぐハロウィンか・・・。)
ハロウィンなんて騒ぐのは都会の人たちばかりだけど、実は作っているのはハロウィンなんて無関係そうなこんな静かな農園・・・。
経済って繋がっているんだなぁ~って実感しました。


RIMG0150.jpg


廃業した工場の従業員の中にはまだ再就職先も決まっていない人もいるそうです。
日本って、本当に弱者に冷たい社会のような気がします。

頑張れ、福島!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keimac.blog62.fc2.com/tb.php/82-a765f70d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。