スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編み物プロジェクト 

以前もBlogで書きました、
3月11日以来、何度か被災地を訪れては、仮設住宅の皆さんにワークショップ(手作り教室)を開催しているインテリア事務所の代表兼デザイナーさんが、来月、3月11日に、再度現地に行かれることになりました。

自分の本来の仕事もこの不景気で決して順風満帆ではないと思いますが、
ボランティアは、若干の寄付金などの支援以外はほぼ自腹。
往復のガソリン代や、物資の調達なども含めると毎回かなりの出費です。

それでも、何度も出かけていく理由は、
「また来てくれたのね~。」
「楽しみに待ってたのよ~。」という
お年寄り達の笑顔だといいます。
家も家財も失って、
「やることもなく、希望が持てない。」と言っていたお年寄りが、
自分や家族のセーターなどを編むようになって、少し元気になって来たといいます。


コピー ~ 166[1]
仮設住宅はこんなに簡素な建物で、雨が降ればすぐに水溜りが出来、外にも出るのも億劫な環境です。近くにスーパーなどもなく食材はNPO法人のリヤカー隊が持ってくるものを買っているそうです。


次回のワークショップ【編み物プロジェクト】では、
冷たいスツールに座るのもしんどいので、そのカバーを作ろうという企画です。
私も編地作りで、ほんの少しお手伝いをさせて頂いています。(*^^)v

毎回ワークショップに参加する方々は約30名。
実は、編み棒(特に鈎針)が圧倒的に足りません。

鈎針棒は1本600円前後。
30本買い揃えるには相当の金額になってしまいます。

ご家庭の箪笥の奥深くに。
探せばどこかにあるなぁ~と思っている方や、
最近はもう編まないわ~と思っている方、
是非是非ご支援いただけませんか。


コピー ~ 140[1]
前回はクリスマス前だったので「クリスマスリース」をテーマにワークショップ。編み物の材料は、編みたいと希望された皆さんにお渡ししました。約8割は年配の方ですが、子供が意外に多いのにも驚きます。

先日は、私の方から毛糸を送る機会があったので、ダンボール箱の中にカレー粉などなど子供の好きそうなものを少し同封しました。
子供達、食べてくれたかな・・・。


鈎針の編み棒や毛糸を寄付してくださる方は、
このブログのコメントにメッセージとメールアドレスを残して下さい。
こちらから折り返しご連絡致します。

どうぞ宜しくお願いいたします。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keimac.blog62.fc2.com/tb.php/312-3e0e610f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。