スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を守ろう。 

東日本大震災が起きてから、今日でちょうど3週間になりました。
その間、国民は、唯でさえ悲惨な未曾有の地震と津波との被災以外に、
原発の恐怖とそれに伴う計画停電・放射線汚染の問題に振り回されました。

地震直後には、電池・カセットコンロ・米・牛乳が店頭から瞬く間に消え、ちょうどお米がなくなりかけていた我が家では1袋買うのにとてもとても苦労しました。
トイレットペーパーなどの日用品や常備薬でさえ購入困難になりました。

そして20日21日、関東にも降った雨で浄水場から基準値以上の放射能数値が出たことを知ると22日以降はミネラルウォーターが店頭からも自販機からも消えました。
私の実家のある神奈川県の一部では、1日2回の計画停電があり、1日に6時間も電気が止まっている状態でした。
都内では何故か工場が多い足立区・墨田区が停電区域になっていたり、被災所でさえ計画停電の区域になっていたり、その混乱さは、まさに東日本全国民を巻き込んでの規模となりました。
さらに23日頃からは野菜の問題もニュースになり、今度は茨城産の野菜までもが店頭からなくなりました。

みんな、自分の家族を守るのに必死。そんな3週間だったように思います。

*******************************


ここ2,3日、暖かくなってきたせいもあり、計画停電もなく、やっとミネラルウォーターや牛乳なども店頭で見かけるようになってきました。
最近になりやっと、今回の出来事を色々な側面から考えている方もきっと多いのではないかと思います。

「これだけの災害が起きても規律正しい日本人は素晴らしい。」
そんな日本人を賞賛する記事を今回、海外のメディアや新聞でも沢山見かけました。そして、「そんな日本人を誇りに思う。」という書き込みも見かけました。

本当にそうでしょうか?

私達は日頃、本当に他人の事を考えて、礼儀正しく、規律を持って生きているかといえば大きな疑問です。
震災前の日本でも、学校内のいじめ問題や失業問題・雇用問題・自殺者の数は10年以上続けて1年で3万人以上などが問題視されていました。
ACのような基本的な道徳心をCMに流せば流すほど、日本人はそんなことも分からない国なのだと感じる人は多いと思います。

そんな中、「この災害は我欲な日本人に対する天罰だ。」と言った政治家がいました。現東京都知事です。
もしそう思うなら、何故、都知事という立場から社会をいい方向に変える努力をしてこなかったのでしょう。
気付いていながら何もしてこなかったならば、彼こそが我欲だと私は思います。

そもそも政治家とは、多かれ少なかれ自分の事しか考えていない人が多いといわざるを得ません。
年間200万円以下で非正規雇用で生活している人の人口は20%以上です。300万円以下では3割を超えています。
それでも議会は1400万~2000万円近い金額を“毎年”受け取っています。自分達の給与を減らしてでも国の借金を減らそうと言った政治家が歴史の中で何人いたでしょうか。

その一方で、4月からガス代・電気代他、様々なものが値上がりします。また、逆に年金支給額はさらに下がります。


*********************


震災後、最近になり、
「福島や岩手、宮城などからの商品は受け取りを拒否されている。」という話しをよく聞くようになりました。食べ物の話しではありません。
洋服の話しです。
福島や山形などは繊維関係の産地で、縫製工場・染工所などが今でも多く存在しています。
そうした産地の服を拒否する確固たる理由はまさに風評です。

日本がひとつになろうなどと嘯いても、これが現実。
ならば、妙なCMやメディアに流されず、自分で出来る事を、自分が正義だと思うことを、自分の目で心で考え、行動する方が本当にこの国のためになるのではないかと思います。

もう既存の政治家は要らない。
一部の大企業と癒着したメディアはもう要らない。
自分の事しか考えない政治家や官僚はもう要らない。
本当に世界に誇れる日本を子供達に渡すこと、それが「日本を守ること」だと私は思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keimac.blog62.fc2.com/tb.php/279-909dc6ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。