スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺れる日本 

尖閣諸島関連で日本の外交があたらめて問題になっていますね。
皆さんはどうお感じですか?

日中の問題では、麻薬所持の日本人数名が中国で処刑されたのは記憶に新しい事ですが、ご存知のように中国はつい十数年前まで社会主義の国。
経済ばかりが先行して、対他国との倫理やモラルに関してはまだまだ未熟なアンバランスな状態の国です。そんな国に対して日本の対応も悲しいかな、またまた頭をかしげるような行動でした。
最近の日本のいわゆるトップクラスの人間の不祥事や犯罪・・・
本当に日本はどこまで落ちていくのかとても心配になります。

私が最初に仕事で中国を訪れた時、中国の工場は全て国営で、そこで働く工員も社長もそれはそれはのんびりしていたものでした。
一人一人はとてもいい人達で、物作りの好きな社長や、田舎から出てきて仕送りをして頑張って生きている15,6歳の少女も沢山いました。
20年くらい前はトイレが汚くて汚くて、トイレのドアがないところも沢山あって、ホテルの水さえも濁っていて、今は2時間で行ける距離さえ半日がかりで、困ったことは多々ありましたが、何度にもわたる中国出張で、対人関係で嫌悪感を感じたことはほとんどありませんでした。

今回の事件は、私に経済発展(お金)のもたらす心の腐敗と、
教育によるコントロールと群集心理の怖さを感じさせました。


メールなどで誤解が生じても会って話すと大体の場合、簡単に解決することは日常でも沢山あります。
基本は会って話すこと。
相手の意見も聞き、自分も主張するところはきちんと話す。
そのバランスが大切。親子も、友人も、仕事も、同じですね。

政治のニュースからふと日々の自分を置き換えて考えた週末でした。

今日の東京は雨・・・
一雨ごとに涼しさが増し、今日は寒いくらいです。
どうぞ皆さんもお風邪など召しませんように・・・。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keimac.blog62.fc2.com/tb.php/261-8adc1d44

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。