スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノスタルジー 

先週は、川越の新しいお店に出かけました。
お店の場所は蔵の町と呼ばれている別名小江戸の一番街。

実は川越は初めて。
しかも無知にもこんな素晴らしい町だったことすら全く知らなくて・・・。
築100年位は経っているかも!と思わせる塗り壁と瓦屋根で出来ている店舗や住居が建ち並び見るだけで圧巻でした。

もし、東京大空襲がなかったら・・・
今の東京にもこんな家々が残っていたでしょうか?
そう思うととても残念な気がします。

川越小江戸 (1)
バス通り沿いにある蔵を改装して作られた佇まいの店舗。
目指すお店はこのすぐそば、やはり元々は蔵だったとか。

川越小江戸 (8)
こちらはお取引先の姉妹店のお隣のお店。
そのお隣はコーヒーショップです。

コーヒーショップの看板もこんなにレトロ。
アールデコ風でもありデザイン的にも素敵ですよね。
川越小江戸 (9)

お店は蔵の建物の2F、元々は1Fの陶器屋さんが倉庫として使用していたとか。
加工されていない本物のフローリングに重厚な造りが本当に素敵。
店内は陶器や小物など職人さんの商品が所狭しと並びまるで小さな美術館のようです。

川越小江戸 (4)

手作り感覚を大切にされている商品構成。
ニットは手編みや家庭機など手の掛かったハンドものや天然素材をメインにチョイスされ来週からさっそく置いてくださることになりました。
オーナーさんはじめ販売の皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

川越小江戸 (5)

先週まで墨染めなどで服を作っているデザイナーさんの個展だったらしく和テイストが全面に出た店内でしたが、イメージはその時々で少しずつ変えているそう。時期をずらして何度も覗いてみたくなるお店です。


川越に新しいお取引先、
これからもどうぞ宜しくお願いします。
お店の詳細はこちらです。

昔懐かしい駄菓子屋さんなどもあり、ご家族連れで1日たっぴり楽しめる町です。
皆さんもどうぞ観光を兼ねてお出かけ下さい。



スポンサーサイト

コメント

ステキですね。
関東の小京都でしたっけ?
私もまだ行った事は無いのですが・・・

是非是非行ってみてください。
デートにもお薦めです。(笑)v-16

お店の方とは共通の知り合いがいてもうビックリでした。
世間って狭いですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keimac.blog62.fc2.com/tb.php/162-e68bc93b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。