スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使の歌声 

時間刻みの怒涛の日々だった今週もやっと週末。
昨日は六本木へ、横浜元町へ、と行ったり来たりの外出の嵐でした。

昨日の未明は、CNNから驚愕のニュースが飛び込んで来ましたね。
日本の朝のニュースもそうでしたが、CNNではほぼ24時間マイケルのニュース一色でした。

私が子供の頃、ジャズやアメリカン音楽好きの兄の影響もあってか、最初に聞いたのはジャクソン5のレコードだったのを覚えています。
その後、スリラーやムーンウォークで人気を博しましたが、私はむしろ初期の頃の「Oneday in your life」や「Ben」が好きでした。
90年代では、Free Willyのテーマ曲でもあった「Will You Be There」や慈善事業の為にダイアナロス達と謳った「We Are The World」、
難民救済を訴えた「Heal the world」は絶句するほど美しい曲でした。

つい先日ロンドン公演が決まって、またあの澄んだ高声が聴けるのかと楽しみにしていた矢先の悲報・・・。

自身の運命に悩み、純粋な心ゆえに誤解された言動、誹謗中傷で壊され続けた心・・・
澄んだ心を持っていたマイケルの歌だったからこそ貧しい国の人々の心に灯火を灯し続けたのだと思います。
マイケルだから出来たこと。マイケルが残してくれた沢山の想い。
それはもちろん私とは比較にならないけど、同じ人生ならば私も1つでもいいから人のために誰かのために、心に残る仕事をしたい。
そんな事を考えた一日でした。

地上に落ちてきた心優しい天使、
本当はまだ信じたくないけど、どうか天国に戻って安らかに・・・。

ありがとう、マイケル。



スポンサーサイト

安らぎの素 

今日も、アトリエで自宅で私の傍を離れない小さな毛糸だま。
ここのところ痙攣はないものの、何かに怯えてることが多くなりました。
どうしたんだろう・・・と色々考えを廻らせていたら
暑く湿度の高い日々の中でも極力冷房はやめようと部屋の窓を開けているのが原因のよう。
人気もないのに動くカーテン、外から聞こえる見知らぬ人達の声・・・
モカにとっては小さな出来事が重なってストレスの原因になるんだなぁ~と改めて実感したこの頃。


090612_2025~001


夜の11時回るとそれまで一人(?)で寝ていたのに私のところに必ずやってくる。一緒に寝ようよ、のおねだり。
仕事が終わると人の手を舐めまわしてご満悦。労っているつもり。
ひとつひとつについついクスッと笑ってしまう日々が今日も続いています。


雨模様の日々・・・
強く降ったり、陽が雨雲の間からヒョッコリ顔を出したと思ったらまたすぐ泣き出す・・・不安定な天気ですね。
皆さんの健康と安らかな生活を祈って、今日はいい日になりますように。



言葉の力 

ウェブショップでご購入頂いたお客様からよくメールを頂くようになりました。
言葉からたくさんの元気や勇気を頂いています。
有難うございます。


そういえば、モカ兄が幼い頃から我が家は「ありがとう」の家庭でした。
言葉の最後に「Thank you」をつけるのが当たり前の英語。
要らない時でさえ聞いてくれた事に感謝して、Noの後にまでThank youをつける英国文化。
それは謙虚で相手を思いやるとても素晴らしい事だと思います。
身に付いた習慣は自然と日本語でも。っというわけで、
我が家では今でも、「・・・有難う。」までが一つのセンテンスとなっています。
言葉の乱れや短縮化されたカタカナ英語が反乱する日本にあって、
このことはとても良かったなと思えることです。

口論になった時もどこかで悪い空気を断ち切る事が出来る魔法の言葉。
落胆した時にももう一度立ち上がろうという想いにしてくれる言葉の力。
人をいとも簡単に傷つけてしまうのが言葉なら人をどん底から救えるのもまた言葉。どうせ使うなら傷つける為でなく人を支える為に使いたいものです。

最近はそれをお客様から頂くことが多くなり改めて言霊の力に感謝の日々です。
「有難う」「とても気に入りました。」「素敵です。」「また宜しく。」・・・   
こちらこそです。
本当に有難うございます。


私もそうですが、一番身近で大切な人には照れくさくてなかなか言えない優しい言葉。
もっともっとたくさん使っていいのだと思います。
きっとその想いが何十倍の心地よさになって自分に戻って来ると思うから。



FUDGE 

FUDGE 7月号に商品が掲載されました。

同誌はロンドン・パリのイメージの漂うファッション誌。
写真の撮り方やレイアウトが洋書のように洗練されていて愛読しています。
モード系ファッション誌は難しいと言われている中にあって、頑なに誌面の美しさを追求している、ある意味とても頑固な月刊誌です。

・・・ということで今日は三栄書房編集部にお礼とご挨拶に伺いました。
展示会のPRや今後のタイアップ等にも話は及び、有意義で楽しい時間を頂いた事にまず感謝。今後の発展を期待しつつ、頂いた前回のロンドン特集号のページをめくる小雨の午後。
拘って創るものは理屈抜きにやっぱりいい、心にまっすぐに入ってくる。
それが服であっても音楽であっても媒体であっても・・・。

090618_1454~001

掲載していただいたのは、コサージュに続く弊社の定番商品。
去年ブランド誕生10周年記念バイヤーさんへのノベルティーとして作製したもので、リクエストにお答えする形でその後商品化されたブックマークです。
モチーフがウール素材の為、今年は8月頃からお店に納品する予定でしたが
FUDGEに掲載されているこの期間はWebshopで販売を開始致しました。

090618_1453~001

興味のある方は是非覗いて見て下さいね。

Blog用写真1 クリックすると写真が大きくなります。

Webshopでは他にも一点物やサンプルなども掲載しています。
時にはお店ではお目にかかれないレア物なども・・・。
どうぞお見逃しなく。


FUDGE (ファッジ) 2009年 07月号 FUDGE (ファッジ) 2009年 07月号 [雑誌]
(2009/06/12発売)
←FUDGE7月号は書店でもこちらからでもご購入頂けます。


繊細な手仕事 

先日、バッグデザイナーのTomooさんとある催しで久しぶりにお会いしました。
その時にバッグをプレゼントして下さいました。
以前作られたもののようですが、とっても素敵なのでご紹介します。

Tonooさんがデザインするバッグは、刺繍やブレードを施した手作り感覚の温かみのあるものとタイランド製の手の込んだ革細工のデザインの2パターンで構成しているようです。

Tomoo Bag

その中でも私は特にアンティーク風生地や刺繍を施したデザインが好きで愛用させて頂いています。
刺繍物は図案も全て本人のデザインで優しさを感じ、とても癒されます。
紙を生地に、ペンを糸に置き換えたような繊細な画風も素敵です。

Tomoo Bag (1)


ここ数年は日本と海外を行ったり来たりの多忙な生活。
頑張っている友人が誇らしい反面、どうか身体だけは気をつけて欲しいという思いも半分・・・。
帰国後また一緒に食事に行くのが楽しみです。


「Tomoo Design」のBagをもっと知りたい方は是非こちらのHPもご覧下さい。


NEVER LAND 

大切にしているCDがあります。
既に2年半前に解散している日本のロックバンド、“NEVER LAND”が2005年にリリースした「Beautiful Days」と言うミニアルバムです。
今ではたぶんネットでしか購入できない(?)CDです。
ロックと言っても耳に優しいギター音と短編小説のようなストーリー性のある歌詞で構成されてます。

作詞作曲と構成デザインをした“AKIHIDE”は解散後、別のバンドメンバーに誘われ今では知る人ぞ知る存在になりましたが、この2年はメインボーカルとしての活動はしていない為、この1枚はまさにAKIHIDE WORLDそのものと言ってもいいくらいメッセージ色の濃い貴重な一枚です。
悲恋や死別の曲が多いですが、希望や未来が隠れキーワードのように込められていて、10代の子供達にも是非聴いてほしいと思う反面、大人にならないと理解できない“戻れない想い”なども描かれた切ない作品です。


コピー ~ Never Land (1)


このCDを知ったきっかけは、偶然見つけた彼のBlogでした。
私は悩みを抱えた時、心が疲れた時、心理学者の本や江原啓之氏の著書をよく読みますが、彼のBlogにはそれと同じか、それ以上に生きていく上での大切な事を教えてくれています。
他愛もない日々の生活から人を思う大切さ、自分が生かされている事に対する感謝などが曲を作る人らしい美しい言葉で綴れています。

疲れた時、投げやりに気持ちになった時、是非一度読んでみて下さい。
過去からさかのぼると超大作ですが、どこから読んでも心が優しくなれると思います。
「AKIHIDE PLAY GUITER,」で検索、またはこちらからBlogに直接入れます。

読んで元気を貰った方は、CDも買ってあげてね。(笑)
音源ダウンロードで購入可能なSUNSET/SUNRISEに入っている曲もとても良い曲です。こちらも悩み多き10代からずっと頑張って走り続けてきた大人の方にも是非聴いて欲しい。

コピー ~ Never Land ←クリックするとイラストが良く見えます。

CDのイラストもブックレットも本人が描きおろしたものだそうです。
絵本のような画風と手作りの暖かさを感じる、まさにこだわりの作品集です。


モカはこのCDをかけると何故かそばに来ます。不思議です。(笑)



Beautiful DaysBeautiful Days
(2005/08/03リリース)
NEVER LAND
AKIHIDEファンでなくとも是非。


今日という一日。 

最近ますます甘えん坊さんになった我が家の娘。
私が食卓の椅子に座ると、ぴょんっと飛び乗りその半分をしっかり占領します。
狭いスペースにむりやり上手に入り込みちゃっかりピトッ!
私が移動すると一緒に移動します。

090608_0812~001

「行っちゃダメ!」とばかり前脚でしっかり押さえたりして。
時には悲観や苦悩もある日々の生活の中にあって大きな大きな存在になったふわふわ歩く白い毛糸だま。
「君は今幸せですか?」と時々心の中で語りかけつつ・・・、
この仔に出逢えたこと、我が家に来てくれたことに感謝を綴る毎日です。

090608_0807~001

あの時この人に会っていなかったら・・・
あの時あの事が起こっていなかったら・・・
それは良い場合も辛い思い出の場合もありますが、
人生には色々な岐路があり、全ての出来事は必然的に起きているとよく言われますね。偶然はないのだと。

辛いことが降りかかったとき、神様はそれを乗り越えられない人にはその試練は与えないと聞いたことがあります。
今辛い思いもいつか乗り越え思い出に・・・。

そして今日出逢った人にも全て意味があるのだと。
そう思って今日を生きるといつもとちょっと違った一日に感じるかも知れません。

縁あってこのBlogを読んでくれた貴方と私の出逢いにもきっと何か意味が・・・。
だから今日も、皆さんの一日が良い日でありますように祈ります。


編み機×編む気 

先日から、我がニッターさんが探しているとお伝えいた編み機・・・
新古品が見つかればいいね!と言っていたが未だ見つからない。

金額の高い電子編み機シルバー・マイスタジオを諦め、シルバー・SK280に希望を変更した様子。それでも十分いいものは編める。
仕事は要は、技術と感性と着る人を思う気持ち。
私も信頼を寄せている自社ニッターさんだから機種の心配はしていない。

いい状態のものが見つかりますように・・・。

なにせ新品購入だとSK280でさえ全て揃えると数十万円もする精密機械。
先行投資とはいえ個人のニッターさんには負担が大きい・・・。


いい状態で箪笥の中に眠ったまま持っている方はいらっしゃいませんか?
新しい持ち主さんが待っています。
その子にもう一度活躍の機会が訪れますことを。

ご連絡は、状態・希望売却金額を明記の上、HPのContactまでメールを下さい。
説明書・ニットリーダー等全て揃っているもの希望です。


你好的脳 

以前から習っていた中国語の世界、気がつけばもう2年・・・。
教科書ももうすぐ2冊目の最終章。
早いようなまだ全然のような。

やってみると色々なことに気づかされました。
自分の語学脳は日本語と外国語の2つの引き出ししかなく、中国語はもちろん外国語脳の中に。すると中国語を話そうとすると何故か英語で話してしまう自分がいて。
つまり語学脳の中に3つ目の新しいフォルダを作らないと上達が望めないということが判明、それがなんと大変なこと!

人は3ヶ国語話せるとその後は4ヶ国語、5ヶ国語と簡単に増やせると聞いたことがありますが果たしてそれは本当か否か、近い将来、自分で実感できる時が来ることを祈りつつ・・・。
今日もささやかな努力は続きます・・・。


さて、皆さんは自分磨きのために何かしていますか?
「今さら・・・」なんて言わないで。
幾つになっても脳細胞は生まれ変わり、進化し続けているらしいですよ。
昨日知らなかったことを今日は知っている自分がいる、
そんな自分も結構誇らしいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。