スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ*講演 

あれからもう1年。 まだ1年。

皆さん色々な思いで昨日を迎えられたことでしょう。
色々な出来事が駆け抜けた1年でした。

昨日、私はアパレルの集まりで、プチ講演をさせて頂きました。
1年半前から始めた「もの作り」に対する思いを活動にこめたColours。
震災後から出来る事から始めた小さな小さな活動。
少しだけでも誰かの力になれたいたらいいなと思う気持ちを話させていただきました。

昨年の今日、福島第一原発、4号機・2号機が危機的状況になりました。
それを知らされていない多くの人が非常食を買うために外に出ていました。
普通どおりに仕事に出かけた人達もいました。

去年の3月12日のことを鮮明に覚えている自分がいます。
もう同じ過ちを繰り返してはいけない。

自分達の為に。
子ども達の未来の為に。
地球上の全ての生き物の為に。

なによりも地球自身もまた1つの生き物なのです。


スポンサーサイト

編み物プロジェクト 

以前もBlogで書きました、
3月11日以来、何度か被災地を訪れては、仮設住宅の皆さんにワークショップ(手作り教室)を開催しているインテリア事務所の代表兼デザイナーさんが、来月、3月11日に、再度現地に行かれることになりました。

自分の本来の仕事もこの不景気で決して順風満帆ではないと思いますが、
ボランティアは、若干の寄付金などの支援以外はほぼ自腹。
往復のガソリン代や、物資の調達なども含めると毎回かなりの出費です。

それでも、何度も出かけていく理由は、
「また来てくれたのね~。」
「楽しみに待ってたのよ~。」という
お年寄り達の笑顔だといいます。
家も家財も失って、
「やることもなく、希望が持てない。」と言っていたお年寄りが、
自分や家族のセーターなどを編むようになって、少し元気になって来たといいます。


コピー ~ 166[1]
仮設住宅はこんなに簡素な建物で、雨が降ればすぐに水溜りが出来、外にも出るのも億劫な環境です。近くにスーパーなどもなく食材はNPO法人のリヤカー隊が持ってくるものを買っているそうです。


次回のワークショップ【編み物プロジェクト】では、
冷たいスツールに座るのもしんどいので、そのカバーを作ろうという企画です。
私も編地作りで、ほんの少しお手伝いをさせて頂いています。(*^^)v

毎回ワークショップに参加する方々は約30名。
実は、編み棒(特に鈎針)が圧倒的に足りません。

鈎針棒は1本600円前後。
30本買い揃えるには相当の金額になってしまいます。

ご家庭の箪笥の奥深くに。
探せばどこかにあるなぁ~と思っている方や、
最近はもう編まないわ~と思っている方、
是非是非ご支援いただけませんか。


コピー ~ 140[1]
前回はクリスマス前だったので「クリスマスリース」をテーマにワークショップ。編み物の材料は、編みたいと希望された皆さんにお渡ししました。約8割は年配の方ですが、子供が意外に多いのにも驚きます。

先日は、私の方から毛糸を送る機会があったので、ダンボール箱の中にカレー粉などなど子供の好きそうなものを少し同封しました。
子供達、食べてくれたかな・・・。


鈎針の編み棒や毛糸を寄付してくださる方は、
このブログのコメントにメッセージとメールアドレスを残して下さい。
こちらから折り返しご連絡致します。

どうぞ宜しくお願いいたします。




カラフル編み棒 

今回のイベントには残念ながら1日遅れで間に合いませんでしたが、
本日、手芸材料と毛糸の大手メーカー、クロバー株式会社さんからも被災地のイベントにと溢れんばかりのご寄付を頂きました。
心軽やかになるような綺麗な色目の棒針達です。

クローバーさんの寄付
こんなにビビッドでカラフルな編み棒があったんですね。
私も知りませんでした。

クローバーさんの寄付 (2)
綺麗な色が付いているだけで編むのが楽しくなります。
初心者の方にもきっとお薦め。

クローバーさんの寄付 (3)
こちらは上級者の方やプロの方々に御馴染み昔ながらの天然木の編み棒。
滑りも良く、使えば使うほど自分の手に馴染んできます。
私もどちらかと言えば、天然木派。


お送りくださったクロバー株式会社様、
今回は無理なお願いにも関わらず、ご対応下さいまして誠に有難うございました。
たくさんの編み棒達・・・
次回のプロジェクトの開催まで大切に保管させて頂きます。
そして、必ず近いうちに仮設住宅の編み物好きの皆さんのお手ともに届くようにしたいと思っています。

またその時は、Blogで紹介させて頂きます。


心温まる毛糸たち 

たった一週間程の告知期間だったので、正直心配でした。
でも、多くの皆様からBlogやTwitterを通じてご連絡を頂きました。
そして、多くの方から糸や棒針、鈎針のご提供を頂きました。
本当に有難うございます。

ここに一部ですがご紹介させて頂きます。

RIMG0473.jpg
可愛い手創りウサギさん入りでした。
有難うございました。


RIMG0482.jpg
某アパレルのデザイナーさんからは毛糸だけでなく釦も頂きました。


RIMG0486.jpg
遠くから1000円以上の送料を掛けて送って下さった方もいらっしゃいました。
仙台市の方もいらっしゃいました。


2011.12.01送り
心配していた編み棒も、皆さんの力がまとまるとこんなに沢山になりました。


押入れを探して送って下さった皆様、
持ち込んでくださった皆様、
本当に有難うございました。

毛糸は全部で10kg以上になりました。
本日、箱詰して、明日被災地に行かれるハテナバコさんに送りました。

現地では、3日4日にワークショップを開催される予定。
クリスマスリースを作るのも良し、編み物をされるのも良し。
仮設住宅の皆さんが少しでも心休まる時間を過ごしていただけますよう、私もお祈りしています。

一足早いクリスマスプレゼントになりますように・・・。

被災地支援イベント 

昨日は、Coloursで知り合ったインテリアデザイナーのハテナバコさん主宰復興支援イベントでした。

彼女は自らも仮設住宅などに出向き、避難されている方々の心のケアを「物を創る」という手段でサポートされています。今回は、その活動の様子を写した写真と、8ヶ月たった今の福島の様子をスライドショーで見せていただきました。


イベントのプライヤーです。↓
活動の為の、材料や資金は随時募集していますので、こちらのプライヤーの送金先をご覧下さい。
201111_12_51_b0076951_1701417[1]
クリックすると大きくなります。


今回は、クリスマスリースのワークショップを相馬市で開催するということで、
私達が活動をしている【フリーペーパーColours】としても、リボンやビーズなどの材料の寄付をさせて頂きました。

RIMG0464.jpg

RIMG0465.jpg

そして、Coloursでは、「編み物プロジェクト」として、このワークショップの支援参加を皆さんにお願いしています。お手元にありますもう使わなくなった編み棒、綺麗な状態で余っている毛糸・・・などございましたら是非、ご寄付をお願い致します。1玉でも全然構いません。
詳細は、こちらのブログにコメントとメールアドレスを入れていただきますと、折り返し送り先を連絡させて頂きます。

今回のワークショップ開催が12月3,4日のため、12月1日以降に到着しましたご支援の品物は次回のワークショックに廻させていただきます。どうぞご了承下さい。


東京でも日々寒くなってきました。
我が家の窓も朝目覚めると結露が溜まっています。
仮設住宅では、壁にも結露がつくほど寒さ対策が出来ていないそうです。

皆さんからの毛糸を使って、楽しく編んで、そして暖かく過ごして欲しい。。。
遠くに避難しているお孫さん達を思い、温かい気持ちになって、手を動かして元気になってほしい。


皆さんのご支援の気持ち、被災地の皆さんの心の支えになればと思います。




「編み物プロジェクト」 

ライフワークを通して知り合ったインテリア事務所の知人がいます。
彼女が、本業のデザインワーク以外に信念を持って続けている「被災者支援」。
彼女は頻繁に被災地を訪れ、ワークショップを開催、
悲しみの中にいる方々を「物を作る楽しみ」という形を通して支援しています。

現在、飯舘村の入っている大野台第6仮設住宅だけで世帯数約170。
人数的には230人前後。
その半数以上が60歳以上とのこと。
中には、家族ともご近所の方々とも離れ、知り合いもなく、何をしていいのか途方に暮れて寂しい生活を送っている方も多いとか・・・。

先日、そんな彼女と話しをしているうちに、ふと思い出した事。
「そういえば福島はニットの産地。多くの女性は編み物が出来る。」

寒い仮設住宅の中で、ただ配給される古着を着るのではあまりに寂しい。
自分で好きな糸を選んで、色を考えて・・・、ご主人の為、遠くに住む孫の為、そして自分の為に、膝掛けやマフラー、上級者はきっとセーターとか。創ることで、「自分もまだ何かが出来る。」という事が沸々と思い出されたらいいね。という話しになりました。

早速、来月仮設住宅に行く彼女に便乗して材料を持って行って頂く段取りに。
が、しかし編み棒や編み針が足りません。
もちろん糸もあれば助かります。

編もうと思って買ったけど結局編まなかった糸や材料。
編んだけど2巻き残ってしまって捨てるに捨てられない糸。
アフガン針を買ったけどアフガン編みはもうやらないなぁ~なんと思っている方。。。
編み物をする方なら多分そうした糸や針がどこかに眠っていると思います。
皆様、ご支援をお願い致します。


ご家庭で眠っています編み物の棒針、鈎針、手編み用の毛糸がございましたら是非ご寄付下さい。
古いものでも結構です。糸は毛糸が希望です。(夏糸は寒いので・・・)
竹のものでもプラスティックのものでも構いません。
Blogにコメントを下さるか、Kei MACDONALDのオフィシャルページからコンタクトいただいても構いません。または上記リンクの「ハテナバコ」さんへアクセスしてくださっても話しが通じます。
皆様のご協力待っています。


現地で配給して下さるのは、NPO法人 相馬はらがま朝市クラブ
しかしこの法人は男性が多いため、実際に相談に乗って下さっているのは、
大野台第6仮設住宅の飯舘村の元行政の女性です。

糸は、綺麗な状態であれば、1巻きでも構いません。
(巻き直したものは不可です。)
是非ご寄付をお願い致します。

皆様の暖かい気持ち・・・
きっと届くといいですよね。


※棒針でしたら、同じ号数で、2本または4本セットでお願いします。
綴じる為のニット用針。釦など、編み物関連の小物材料もありましたら助かります。


ファッション小冊子【Colours】 

去年からスタートしたFree paperのVol.2がいよいよ今週印刷上がり。
前回同様、渋谷・原宿を中心としたカフェ・ギャラリー・デザイン関係の専門学校・大学、渋谷の「Only Free Paper」さんのご協力により各所に随時、設置させていただく予定です。
今回も沢山のご好意を経て、人から人へ、そして皆様のお手元に・・・。

また、今回沢山の方々が無償で記事を、コラムを、書いて下さいました。
本当に有難うございました。


ここで少しだけ内容をご紹介・・・。(^_^;)

<特集>
今回の特集はエコロジー。
買い物しながら日本の産業を守る賢い買い物の法則などを紹介。
また今回はエコロジーを意識して物創りをしている2社を取り上げました。

<クリエーター紹介>
日本製に拘った真摯に物創りをされている中小企業のブランド・クリエーター・アーティスト・イラストレーターさん等を紹介しています。

<コラム>
今回のコラムは、表参道で鍼灸院を開業されている瀬戸先生にお願いして書いていただきました。

<配布先>
ラフォーレ山下書店・渋谷パルコロゴス・渋谷ワイヤードカフェ・デザイン学校等渋谷を中心に20箇所以上に配布しています。3月に発売したPenの表紙&特集の『Only Free Paper』にも置いています。

どこかで見かけたときはどうぞお手に取って読んでいただけましたら嬉しいです。



※ファッション冊子【Colours】は、合同展示会Treasureを応援しています。

輪から輪へ 

フリーペーパー【Colours】の配布が始まりました。
ツイッターやダイレクトメッセージを通してご感想やお問合せを下さった皆様、
有難うございます。
反響もたくさん頂いています。
皆様のご協力に心より感謝いたします。


本日時点での主な設置場所をご案内します。(敬称略)
・渋谷パルコⅠ B1洋書のロゴス
・ラフォーレ原宿B1 山下書店
・青山源保堂鍼灸院
・バンタンデザイン研究所恵比寿校舎
・代官山カフェ「ママタルト」
・ママタルト2F ワインバー「ヒルサイド」
・渋谷TSUTAYAビル6F WIRED CAFE

他、ご協力下さったクリエーター直営ショップ等・・・


設置を快諾してくださったお店のオーナー様、先生、有難うございます。


コピー ~ IMG_0759
ママタルトさんの店内です。こんな感じで置かれています。

コピー ~ IMG_0760
レジ横にも。コーヒーのお供に是非読んで下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。